北海道伊達市のシルバー人材センター。高齢者の生きがいを創出します。

伊達市シルバー人材センターで仲間達と楽しく働きませんか?

平成26年度伊達市シルバー人材センター活動とお知らせ

→ 平成25年度のお知らせ履歴はこちら

→ 平成24年度のお知らせ履歴はこちら

→ 平成23年度のお知らせ履歴はこちら

→ 平成22年度のお知らせ履歴はこちら

伊達市シルバー人材センターは公益社団法人になりました

 伊達シルバー人材センターは、平成23年4月28日、北海道公益認定委員会の厳しい審査を経て、『公益社団法人』として認定を受けることができました。
 地域の皆様のご協力を得ながら信頼されるセンターとして、高齢者の能力を活かした活力ある地域社会作りに寄与して参りますので、今後とも皆様のご協力のほどよろしくお願い致します。

シルバー人材センターとは

 シルバー人材センター(センター)は、定年退職者などの高年齢者に、そのライフスタイルに合わせた「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な就業(その他の軽易な就業とは特別な知識、技能を必要とする就業)」を提供するとともに、ボランティア活動をはじめとするさまざまな社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実現と、地域社会の福祉の向上と、活性化に貢献しています。

シルバー人材センターの剪定作業

 センターは、原則として市(区)町村単位に置かれており、国や地方公共団体の高齢社会対策を支える重要な組織として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づいて事業を行う、都道府県知事の許可を受けた公益法人です。

 センターは、地域の家庭や企業、公共団体などから請負又は委任契約により仕事(受託事業)を受注し、会員として登録した高年齢者の中から適任者を選んでその仕事を遂行します。仕事の完成は、契約主体であるセンターが負います。
 雇用関係を必要とする仕事は、内容によっては、無料職業紹介事業により実施することになります。

 センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営する組織(社団法人が基本)です。
 センターの会員になるためには、センターの趣旨に賛同し、入会の手続きをとることが必要です。
 センターから受託事業による仕事の提供を受けた会員は、契約内容に従ってその仕事を実施し、仕事の内容と就業実績に応じて配分金(報酬)を受け取ります

お電話はこちらまで

0142-23-6448

a:15737 t:21 y:49

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional